目の病気について

2017.06.22

ぶどう膜炎

眼球は3層になった膜に包まれており、中層がぶどう膜と呼ばれています。これは、色や形が果物のブドウに似ていることからついた名称で、虹彩、毛様体、脈絡膜からできています。ぶどう膜炎は、この部分に起こる炎症で、重症化しやすく、失明する可能性もあるため注意が必要です。目の痛み、赤み、充血、まぶしさ、涙、見えにくい、視界がかすむなどの症状があります。片目だけに現れる場合もありますが、両目に起きたり、交互に症状が現れるケースもあります。原因が細菌などによるものである場合はその治療を行いますが、原因がわからない場合が多く、その際には炎症を抑えて視力障害につながる合併症を予防する治療が中心となります。

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

佐藤小児科・皮膚科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分