目の病気について

2017.06.22

糖尿病網膜症とは

網膜と糖尿病

網膜は像の形、色、光といった情報を受け取る部分であり、カメラでたとえるとフィルムや受光素子(CCD)にあたります。網膜にはとても細かい血管が走っており、酸素や栄養素を運んでいます。糖尿病は高血糖状態が続く病気ですから、血管に大きな負担をかけ、血液の流れを悪化させ、血管をもろくしてしまいます。毛細血管ほど大きな影響を受けるため、微細な血管が縦横に走っている網膜に障害が起こりやすいのです。

三大合併症のひとつ

続くことにより、網膜は酸素不足になり、もろくなった血管は成分を漏れ出したり、破れて出血を起こします。さらに広い範囲で血管が詰まるようになると、深刻な酸素不足を補おうと異常な血管(新生血管)を発生させてしまい、ますます状態を悪化させ、網膜にさまざまなダメージを与えていきます。

失明原因の第1位

糖尿病網膜症では毎年3000人以上が失明しており、日本の失明原因で第1位になっています。症状が進むと眼底の大出血や網膜剥離を突然起こして、失明する場合がありますが、初期には自覚症状がないため放置してしまうケースが珍しくありません。

糖尿病網膜症を進行させないために

糖尿病網膜症では、網膜に穴が開いたり、網膜が剥離を起こすだけでなく、白内障や外眼筋麻痺などの眼疾患が起こる可能性があります。初期であれば、網膜にある虚血部分をレーザーで凝固させて進行を抑えることも可能です。症状が進行している場合には、硝子体手術で低下した視野を回復、あるいは維持できる可能性もありますが、不十分な視力回復しか望めない場合もあります。血糖値のコントロールはもちろん重要ですが、糖尿病と診断されたら定期的に眼科の検診を受けてください。網膜などの正確な検査は眼科でなければ受けることはできません。

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

佐藤小児科・皮膚科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分