目の病気について

2017.06.22

VDT症候群とは

最近、増えているVDT症候群

パソコンやスマートフォンなどの画面を集中して長時間見続けたことで起こるVDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)は、IT眼症と呼ばれることもあります。症状としては、疲れ目や視力低下などの目の不調だけでなく、頭痛や肩こり、背中や腰の痛み、手足のしびれなど体にも慢性的な症状が起こってきます。重くなるとイライラや不安感、抑うつ状態に陥る可能性もあるため、単純に疲れ目だと考えず、目の負担をできるだけ減らしていくことが重要です。

リスクの多い環境

DT症候群は、いくつもの要因によって起こっていることがほとんどで、環境にも大きく左右されます。たとえば、エアコンが一日中動いていて乾燥している室内はドライアイを起こしやすく、そうした状態で長時間過ごすとVDT症候群になりやすいと言えます。また、画面の位置も大きく関係しており、画面が目線より下にあれば涙の蒸発は少ないのですが、画面が上にあると目が乾きやすいだけでなく、首などにも負担がかかるため疲れやすくなります。
また、パソコンやスマートフォン使用時は、集中しているのでまばたきの回数が無意識にかなり減少しています。まばたきは目全体に涙を行き渡らせるために重要な役割を担っているため、まばたきが減ると目は乾きやすくなります。
また、眼鏡やコンタクトレンズで遠くがよく見えるように度数を決めている場合、パソコやスマートフォンは近距離でピントを合わせるため目に負担をかけてしまいます。できればデスクワーク用の眼鏡を作って、それを使用すると負担を軽減できます。

目を休めて環境改善を

意識的にまばたきの回数を増やし、適度な休憩で目を休め、乾燥を防いでドライアイにならないように注意してください。モニター画面を見続けて目がショボショボしたり、視力低下があって、少し目を休ませても回復しない場合には、眼科を受診しましょう。

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

佐藤小児科・皮膚科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分