白内障の日帰り手術

当グループでは、入院不要の日帰り手術にて白内障手術を行っております。
手術は点眼麻酔下で痛みをほとんど感じることなく行われ、通常10分程度で終了します。そのため、その日のうちにご帰宅いただけるだけでなく、手術前後の通院も比較的少ない回数に抑えることができます。具体的には1週間前、手術当日、翌日、翌々日、1週間後、1ヶ月後、さらにそれ以降は3ヶ月毎というのが標準的な通院スケジュールとなっております。
手術にかかる一般的な費用は保険診療適用で3割負担の場合、約45,000円となります。さらに70歳以上の方の場合、3割負担で56,700円まで、1割負担で14,000円までという上限額が設けられているので、ひと月でそれ以上の自己負担が発生することはありません。ただし、多焦点眼内レンズで手術を受けられた場合には、手術費用は保険適用外となります。詳しくはお問合せください。

白内障と目の仕組み

目の仕組み外から入ってきた光  は眼球の前面にある角膜と水晶体という2枚のレンズを通り抜けてから、眼球の奥にある網膜へと到達します。そして網膜は届いた光を色や形といった視覚的な情報に変換し、それを視神経経由で脳へと伝えています。これが人が目で見たものを映像として認識する仕組みです。
白内障は、この過程においてレンズ役の一端を担う水晶体が濁ることによって発症します。

白内障とは

白内障とは白内障とは、目の働きの中でレンズの役割を担っている水晶体に濁りが発生して、ものが見えにくくなる病気です。
本来は透明であるはずの水晶体が濁ることで通り抜ける光の一部が遮られて、網膜まで十分に届かなくなります。それによりものが見えにくくなる白内障の症状が現れます。

白内障の種類と原因

白内障は発症の原因によって主に以下のように分類されています。

  • 老人性(加齢性)白内障
    加齢にともなう老化現象として発症するもので、白内障の大半を占める種類です。
  • 先天性白内障
    遺伝などによって、生まれつき水晶体に濁りがあることで発症する白内障です。
  • 若年性白内障
    ぶどう膜炎、糖尿病、アトピー性皮膚炎といった他の病気やその治療に用いている薬物の影響などによって、年齢にかかわらず発症する白内障です。
  • 外傷性白内障
    目に受けた衝撃や怪我などによって、年齢にかかわらず発症する白内障です。

白内障の治療方法

白内障の治療方法症状が軽微な段階では薬剤によって治療も検討しますが、現在のところ薬剤では既に進行してしまった視力低下などの症状を改善することはできません。
そこで、患者様とお話をした上で白内障の根治療法である手術を行うことになります。

白内障の手術内容

白内障の手術内容(素材提供:三島眼科医院)

最初に白目と黒目の境目付近を小さく切開します。
水晶体は水晶体嚢(すいしょうたいのう)という袋に被われていて、その前面を前嚢、後面を後嚢といいます。このうちの前嚢だけを切除して、水晶体を超音波で破砕し、吸引します。
最後に水晶体の代わりとなる人工の眼内レンズを挿入し、後嚢の上に固定して、手術が終了します。

白内障日帰り手術を受ける手順

当グループにて白内障日帰り手術を受けるまでの標準的な手順は以下の通りです。

Step1眼科の受診

白内障の主な症状

白内障で現れやすい以下のような症状を自覚したら、早めに眼科を受診しましょう。

  • 視力が低下する
  • 視界がかすんだり、ぼやけている
  • ものが二重、三重に見える
  • 日差しや照明をまぶしく感じる

Step2診断・治療の開始

手術を受けるタイミングの検討

白内障と診断されたら、症状の程度に応じた方法で治療が開始されます。
中でも手術は白内障の根治療法となりますが、日常生活を送るにあたって支障がない場合であっても、夜間の視力低下や光を通常よりもまぶしく感じてしまう事で、交通事故などのリスクも考えられるため、患者様と相談した上で手術の時期を検討します。

Step3手術の申し込み

申し込みにあたっての確認事項

当院で手術を申し込まれるにあたっては、特に以下の点をご確認ください。

  • 当院で行われる白内障の手術は、全て日帰りにて行われます。(※手術は梅島の本院で行います)
  • 持病をお持ちで入院が必要と判断された場合は入院施設の備わった関連病院を紹介することで対応させていただきます。なお、退院後のケアは当院にて行います。
  • 当院では、できるだけ早期に手術スケジュールを調整できるように体制を整えており、最短で1週間後に手術を受けていただけます。なお、症状の進行程度や運転免許の更新時期などのご都合でお急ぎの場合には、医師にご相談ください。

Step4手術への同意

同意にあたってのポイント

手術を受けるにあたっては、事前に説明を受けた手術内容に対する同意が必要になります。特に重要な同意のポイントは以下の通りです。

  • 所要時間が短く入院も必要としない白内障の手術に対しては、簡単に行えるものという誤った認識が多く見受けられます。しかし、実際には非常に緻密かつ繊細な技術を要する術式で行われるものであり、あらゆる手術と同様のリスクがともないます。同意にあたっては、こうしたリスクの存在を理解しておく必要があります。
  • 手術では、人間の身体にとって異物ともいえる人工の眼内レンズが目の中に挿入されます。同意にあたっては、この眼内レンズの持つ特徴や性質も理解しておく必要があります。

Step5手術前の診察・検査

手術1週間前の診察・検査

手術の1週間前にご来院いただき、以下の通りに手術前の最終診察と検査を行います。

  • 手術当日の詳しいスケジュールや注意事項をご説明します。
  • この日から手術当日まで点眼し続ける必要のある薬剤の説明と処方を行います。
  • 眼軸長(角膜から網膜までの長さ)を測る検査などを通して、目の中に挿入する人工の眼内レンズの度数を決定します。

Step6手術当日

手術当日のスケジュール

手術当日は、一例として以下のようなスケジュールで進みます。

  • 午前中または午後にご来院いただき、手術を受ける手続きを済ませていただきます。
  • 体調を確認させていただくとともに、手術を受けるにあたって必要な薬剤を点眼します。
  • 手術は通常10分程度で終了します。手術後は15分間だけ安静な状態で過ごしていただいた後、体調に問題がなければご帰宅いただけます。
  • ご来院からご帰宅までで、通常2時間程度を要します。

Step7手術後の診察と日常生活

手術後のスケジュール

手術後の一定期間は、以下のように定期的な通院や日常生活における制限が必要になります。

  • 手術後は翌日、翌々日および翌週に行い、その後は経過によって多少異なりますが、1ヶ月に1~2回程度行います。それ以降の通院スケジュールについては医師の指示にお従いください。
  • 手術後の入浴は首から下のシャワーだけなら翌日から、洗髪と洗顔は3~5日後から行うことができます。それ以外の制限スケジュールについては医師の指示にお従いください。

後発白内障について

後発白内障について白内障手術の数ヶ月後から数年後、白内障が再発したかのように視界がかすんで見えにくくなることがあります。これは眼内レンズを固定するために残した水晶体嚢の後嚢が濁ることで発生する症状で、後発白内障と呼ばれています。
こうした症状に対しては、レーザー光線を照射して後嚢の一部を除去するだけで治療が完了し、通常はすぐに視力が元の状態へと回復します。

白内障日帰り手術の実績件数

白内障日帰り手術 総件数:12,000件以上

白内障手術件数

多焦点眼内レンズを用いた白内障日帰り件数

インターネット予約

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

佐藤小児科・皮膚科クリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

くどう泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分