ICL手術(眼内コンタクトレンズ)

角膜をけずらない近視・遠視・乱視・老視治療(ICL手術)

ICL手術(Intra Ocular Contactlens:眼内コンタクトレンズ)とは、眼に小さなレンズを挿入して、近視・遠視・乱視を治療することができる新しい視力矯正手術です。
眼内コンタクトレンズは、手術後も特別なメンテナンスなどは必要ありません。コンタクトレンズのように、毎日のお手入れも不要です。長期間、良好な視力を保ったまま快適に日常生活を送ることができます。レーシック手術のように角膜を傷つけることなく治療が行えるので、安全性が高く安心して手術が受けられます。

ICL(眼内コンタクトレンズ)の特徴

特徴1、手術前の眼の状態に戻すことが可能

視力改善のための手術として多く用いられているレーシック手術は、角膜を削って近視や乱視を矯正するので、手術前の状態に戻すことができません。眼内コンタクトレンズは、眼に専用のレンズを挿入して視力を回復させる治療法なので、万が一の時でも、レンズを取り外せば手術前の状態に戻すことが可能です。
加齢とともに白内障を発症してしまった場合も、専用レンズを外して白内障手術を行うことができます。

特徴2、レーシックに比べて、見え方の質が高い

レーシック手術は、角膜を削るので不正乱視が起こる可能性があります。強度近視がある方は、角膜を多く削らなければならないので、不正乱視が起こりやすい傾向があります。不正乱視は、コンタクトレンズや眼鏡で矯正することが難しいので、せっかく視力改善の手術を行っても、術後の見え方の質が劣ってしまう場合があります。
眼内コンタクトレンズは、角膜を削ることなくレンズを挿入するだけなので、不正乱視が起こる心配がありません。強度近視があるために、レーシックが不適応と診断された方や、レーシック手術に抵抗がある方も、安心して視力改善治療が行えます。

ICL治療 レーシック
すっきり鮮やかな見え方
約20分の手術
角膜を削る 角膜を削らない 角膜を削る
ドライアイ ドライアイにならない 時折ドライアイになる
元に戻せる
取り出せる
×
元に戻せない
将来の眼疾患治療への影響
将来の白内障手術の精度を
落としません

角膜が関連する治療の場合
制限が加わる可能性がある
薄い角膜への治療
限度がある
紫外線カットレンズ 素材は紫外線をカット ×

 

特徴3、角膜を削らないので、手術適応の範囲が広い

レーシック手術では、以下に該当する方の手術を行うことができません。
・強度近視がある
・角膜の形状に問題がある
・円錐角膜
・角膜の厚みが足りない

角膜を削って視力回復の治療を行うレーシック手術は、手術の適応範囲が限られてしまいます。また、視力矯正できる度数にも限界があります。
眼内コンタクトレンズは角膜を削らずに治療を行うので、レーシック手術が適応できずにあきらめていた方も、安心して治療が受けられます。視力矯正できる度数の幅も広く、乱視の方の視力回復も可能です。

特徴4、老眼治療も可能

眼内コンタクトレンズには多焦点レンズもあるので、同時に老眼治療も可能です。
レーシック手術には老眼用レーシックもありますが効果が十分でない方が多く、現在はあまり行われておりません。
40代以降の方で老眼が気になる方は医師にご相談ください。

特徴5、毎日のお手入れが不要

一般的なコンタクトレンズは、安全にお使いいただくために毎日のお手入れが欠かせません。
眼内コンタクトレンズは、通常のコンタクトレンズと違ってレンズを挿入したままでお過ごしいただけます。煩わしい日々のお手入れなどは、必要ありません。レンズを挿入したら、良好な視力を保ったまま日常生活を送ることができます。

特徴6、角膜を削らないので、術後のリスクが抑えられます

レーシック手術の術後のリスクとして、ドライアイを発症するケースがあります。
レーシック手術では、角膜の表面をレーザーで薄く切り取りフラップを作成します。このときに知覚神経が切断されると、一時的にドライアイを発症することがあります。知覚神経は、術後3か月程度で元の状態に戻りますが、ドライアイの症状はその後もしばらく続くことがあります。
またレーシック手術は、エキシマレーザーを角膜に照射しますが、この時に照射するレーザーの幅が瞳孔サイズより小さいと、術後に暗い場所で光がにじんだり(ハロー・グレア)、コントラスト感度が低下するケースがあります。
眼内コンタクトレンズは、レーシック手術のように角膜を削ることがないので、これらのリスクを抑えられます。

対象となる方

以下に該当する方は、ICL(眼内コンタクトレンズ)による視力改善手術をお勧めします。

☑角膜が薄い方
☑強度近視がある方
☑ドライアイ
☑円錐角膜の方
☑レーシック手術に抵抗がある方
☑レーシックが不適応と診断された方
☑老眼が気になる方

<< 初回適応検査ご希望の方はこちら  >>

予約バナー

当院で使用するICL(眼内コンタクトレンズ)について

眼内コンタクトレンズ(Implantable Phakic Contact Lens)

IPCL眼内コンタクトレンズ(Implantable Phakic Contact Lens)は2014年に発売され、Implantable Phakic Contact Lens V2.0は2017年に発売されました(国内未承認) 。
Implantable Phakic Contact Lens V2.0はCEマークを取得しており、ヨーロッパ各国でも使用されています。CEマークは製品をEU加盟国へ輸出する時に、安全基準条件を満たすことを証明するマークです。
全世界20か国以上ですでに50,000枚以上挿入されています。(イギリス、ドイツ、スイス、フランス、スペイン、イタリア、チェコ、アルゼンチン、韓国など)
日本では、承認を得る手続きがまだ完了しておりませんが、医師の判断の下2015年より現在まで使用されている実績があります。

屈折矯正手術講習会受講証

屈折矯正手術講習会受講証

製品概要

Implantable Phakic Contact Lensの手術について

09

※手術は約10分間で終了します。

  • STEP1:角膜を切開します(2.8㎜程度)
  • STEP2:Implantable Phakic Contact Lensの向きを確認し、インジェクターを通して挿入します
  • STEP3:虹彩の後ろにImplantable Phakic Contact Lensを配置
  • STEP4:OVD(粘弾性物質)の灌漑(および吸引)を行い、縮瞳剤を注入します。
  • STEP5:2時間後に術後検査を実施します。

 

手術費用について

手術は自由診療となります。
※税別表記となります。

Implantable Phakic Contact Lens手術費用
乱視無し 片眼 20万円
乱視あり 片眼 22万円
多焦点レンズ 片眼 25万円

※保険適応外のため別途診察代 1回1,500円・点眼薬1本800円がかかります。

当院の特徴

当院では眼内コンタクトレンズ:Implantable Phakic Contact Lens手術において屈折矯正手術の資格を持った医師2名が対応し致します。
今まで安全性は高いが費用も高いことにより、ご興味をお持ちでもなかなか手術が受けにくい方などにも気軽にご相談いただけるよう、今後も質の高い医療を提供できるよう努めて参ります。

<< 初回適応検査ご希望の方はこちら  >>

予約バナー

インターネット予約

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

あおばこどもアレルギークリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

梅島駅泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分

みずき皮膚科クリニック梅島駅 徒歩1分