目の病気について

2017.06.22

花粉症とは

春だけとは限らない花粉症

花粉症はアレルギー性疾患のひとつです。アレルギーは本来無害であるアレルゲンに対して免疫が可能に働くことで起こりますが、花粉症では花粉がアレルゲンになっています。
花粉症では、2月から4月に起こるスギ花粉によるものが有名ですが、その他の植物による花粉で起こる場合もあり、初夏、夏、秋などに起こる花粉症もあります。複数の植物にアレルギーを持っている場合もあり、ダニやカビなど通年性のアレルギーと紛らわしいため、なにか原因になっているか、きちんと調べる必要があります。

花粉症の症状

症状はくしゃみや鼻水、そして目のかゆみ、充血、涙目、腫れなどがあり、頭痛や不眠、集中力低下などの症状が現れる場合もよくあります。目のかゆみが強い場合、まぶたをかいてしまって眼疾病を起こしやすく、目はデリケートな器官ですからちょっとした力で傷ついてしまう場合もありますのでご注意ください。

効果的に症状を抑えましょう

花粉症の治療では、花粉が飛ぶ前に治療薬を内服することで症状が軽くなることがわかっています。そのため、どの花粉にアレルギーがあるかを調べておくと効果的に治療できます。また、その時期は、マスクや眼鏡をかけ、外出から帰ったら衣類や髪の毛を玄関先で払ってから部屋に入ったり、部屋の掃除をこまめに行い、洗濯物や布団を外に干さないようにするなどの対策も有効です。なお、頻繁に目を洗いたい際には、塩素が含まれた水道水ではなく、人工涙液を使うと安心です。

2017.06.22

VDT症候群とは

最近、増えているVDT症候群

パソコンやスマートフォンなどの画面を集中して長時間見続けたことで起こるVDT症候群(Visual Display Terminal Syndrome)は、IT眼症と呼ばれることもあります。症状としては、疲れ目や視力低下などの目の不調だけでなく、頭痛や肩こり、背中や腰の痛み、手足のしびれなど体にも慢性的な症状が起こってきます。重くなるとイライラや不安感、抑うつ状態に陥る可能性もあるため、単純に疲れ目だと考えず、目の負担をできるだけ減らしていくことが重要です。

リスクの多い環境

DT症候群は、いくつもの要因によって起こっていることがほとんどで、環境にも大きく左右されます。たとえば、エアコンが一日中動いていて乾燥している室内はドライアイを起こしやすく、そうした状態で長時間過ごすとVDT症候群になりやすいと言えます。また、画面の位置も大きく関係しており、画面が目線より下にあれば涙の蒸発は少ないのですが、画面が上にあると目が乾きやすいだけでなく、首などにも負担がかかるため疲れやすくなります。
また、パソコンやスマートフォン使用時は、集中しているのでまばたきの回数が無意識にかなり減少しています。まばたきは目全体に涙を行き渡らせるために重要な役割を担っているため、まばたきが減ると目は乾きやすくなります。
また、眼鏡やコンタクトレンズで遠くがよく見えるように度数を決めている場合、パソコやスマートフォンは近距離でピントを合わせるため目に負担をかけてしまいます。できればデスクワーク用の眼鏡を作って、それを使用すると負担を軽減できます。

目を休めて環境改善を

意識的にまばたきの回数を増やし、適度な休憩で目を休め、乾燥を防いでドライアイにならないように注意してください。モニター画面を見続けて目がショボショボしたり、視力低下があって、少し目を休ませても回復しない場合には、眼科を受診しましょう。

2017.06.22

糖尿病網膜症とは

網膜と糖尿病

網膜は像の形、色、光といった情報を受け取る部分であり、カメラでたとえるとフィルムや受光素子(CCD)にあたります。網膜にはとても細かい血管が走っており、酸素や栄養素を運んでいます。糖尿病は高血糖状態が続く病気ですから、血管に大きな負担をかけ、血液の流れを悪化させ、血管をもろくしてしまいます。毛細血管ほど大きな影響を受けるため、微細な血管が縦横に走っている網膜に障害が起こりやすいのです。

三大合併症のひとつ

続くことにより、網膜は酸素不足になり、もろくなった血管は成分を漏れ出したり、破れて出血を起こします。さらに広い範囲で血管が詰まるようになると、深刻な酸素不足を補おうと異常な血管(新生血管)を発生させてしまい、ますます状態を悪化させ、網膜にさまざまなダメージを与えていきます。

失明原因の第1位

糖尿病網膜症では毎年3000人以上が失明しており、日本の失明原因で第1位になっています。症状が進むと眼底の大出血や網膜剥離を突然起こして、失明する場合がありますが、初期には自覚症状がないため放置してしまうケースが珍しくありません。

糖尿病網膜症を進行させないために

糖尿病網膜症では、網膜に穴が開いたり、網膜が剥離を起こすだけでなく、白内障や外眼筋麻痺などの眼疾患が起こる可能性があります。初期であれば、網膜にある虚血部分をレーザーで凝固させて進行を抑えることも可能です。症状が進行している場合には、硝子体手術で低下した視野を回復、あるいは維持できる可能性もありますが、不十分な視力回復しか望めない場合もあります。血糖値のコントロールはもちろん重要ですが、糖尿病と診断されたら定期的に眼科の検診を受けてください。網膜などの正確な検査は眼科でなければ受けることはできません。

2017.06.22

老視(老眼)

加齢によって、水晶体の弾力性が低下や、水晶体を支える毛様体筋という筋肉が衰えていきます。それによって、ピントを合わせる機能が低下し、近い距離にピントを合わせにくくなった状態が老眼です。名前から高齢者がなるものと考えがちですが、実際には40歳前後で症状が現れはじめますし、細菌はスマホ老眼など若年層にも増えてきています。細かい文字を読む時にちょっと離して見直してしまうなどが起こったら、視力検査を受けてください。そのまま過ごしていると、目が疲れやすく、肩こりや頭痛などの原因になってしまいます。

2017.06.22

網膜剥離

網膜剥離

網膜は像の形、色、光といった情報を受け取る部分です。網膜剥離は、その名の通り網膜がはがれてしまった状態で、網膜裂孔という網膜に穴が開いた状態からはじまることが多くなっています。網膜がはがれた部分には像が映らなくなるため、その部分の視野が欠けてしまいます。範囲が広がると大きく視野を欠損し、急激な視力低下が起こりますし、失明に至る可能性もあります。そのため、初期に発見して治療を受けることがとても重要な病気です。初期症状では、見えにくさ、目のかすみのほか、小さなゴミのようなものが浮いているように見える飛蚊症や、目を閉じた際に端の方で光が走るように感じる光視症などがあります。

2017.06.22

ものもらい(麦粒腫)

ものもらい細菌に感染して急性の炎症が起こったもので、誰の皮膚にも存在する黄色ブドウ球菌などの常在菌が起こしているので人に感染することはありません。まぶたにある腺の出口やまつげの毛穴などから起こるため、まつげ周辺のかゆみが現れ、やがて腫れや赤み、痛みが起こり始めます。外麦粒腫はまぶたの外側にできるものなので症状はそれほど強くなく、まぶたの内側にできる内麦粒腫では痛みが強くなる傾向があります。適切な治療を受ければ通常は数日で治りますが、放置して炎症が進むと耳の付け根にあるリンパ節が腫れるなども起こります。また、膿が多い場合や、しこりが残って角膜を傷付ける恐れがある場合には切開も行います。

2017.06.22

ぶどう膜炎

眼球は3層になった膜に包まれており、中層がぶどう膜と呼ばれています。これは、色や形が果物のブドウに似ていることからついた名称で、虹彩、毛様体、脈絡膜からできています。ぶどう膜炎は、この部分に起こる炎症で、重症化しやすく、失明する可能性もあるため注意が必要です。目の痛み、赤み、充血、まぶしさ、涙、見えにくい、視界がかすむなどの症状があります。片目だけに現れる場合もありますが、両目に起きたり、交互に症状が現れるケースもあります。原因が細菌などによるものである場合はその治療を行いますが、原因がわからない場合が多く、その際には炎症を抑えて視力障害につながる合併症を予防する治療が中心となります。

2017.06.22

不同視

不同視は、左右の視力に大きく差がある状態です。片目だけで見ているとなりやすいと言われており、ものを見る時にまっすぐ見る姿勢を取らないといった生活習慣が大きくかかわっています。不同視では両眼視の機能が低下してしまうため、遠近感や立体感を捉えにくくなってしまいます。強い不同視の場合、眼鏡を装用すると重度の疲れ目の症状が出やすく、頭痛や肩こりなどを引き起こしやすくなります。コンタクトレンズでの矯正であればこうした症状は起こりません。視力の悪い目を使うようにする治療方法もあり、この場合、良い方の目をアイパッチで遮蔽します。

2017.06.22

ドライアイ

ムチン層目は涙によってさまざまな刺激から守られています。涙の量が不足したり、成分が変わってしまうと、目を守る機能が十分果たせなくなり、目が乾きやすい状態を引き起こします。これがドライアイの原因です。ドライアイになると角膜や結膜は乾燥して傷付きやすくなります。ドライアイでは、目の疲れ、ショボショボする、ゴロゴロする、充血するといった症状が現れます。空気の乾燥やまばたきの回数が減るとドライアイの症状が悪化しやすくなります。集中するとまばたきの回数は無意識に減ってしまうため、乾燥した室内でパソコンなどの画面を長時間見続けるのは、ドライアイになりやすいと言えます。またコンタクトレンズ装用もドライアイリスクが高いので、注意しましょう。

2017.06.22

視神経炎

視神経は、網膜に映った像の形、色、光といった情報を脳神経細胞に伝達する神経であり、視神経炎はこれに障害が起こる病気です。このうち、視神経の炎症によって起こるものが視神経炎で、炎症が原因ではないものは視神経症です。症状は、見えにくい、視野が欠ける、注視したいものが良く見えない、視野がかすむなどが急激に起こります。注視したいものがよく見えないのは、中心暗点と呼ばれています。急に見えにくくなって目を休めても回復しないようでしたら、早めに眼科を受診しましょう。

1 2 3

関連クリニックの紹介

あおば眼科 クリニック梅島駅 徒歩2分

ひろい耳鼻咽喉科クリニック梅島駅 徒歩2分

あおばこどもアレルギークリニック梅島駅 徒歩3分

あおば内科・総合診療クリニック梅島駅 徒歩3分

梅島駅泌尿器科腎クリニック梅島駅 徒歩3分

みずき皮膚科クリニック梅島駅 徒歩1分